紙器とダンボールの違いについて

query_builder 2022/05/15
コラム
36

紙器とダンボールにはどのような特徴があるのでしょうか。


「何が違うのか分からない」と感じる方も多いですよね。

そこで紙器とダンボールの違いを簡単に紹介します。

箱の注文をお考えでしたら、ぜひ内容を確認してみてくださいね。


▼紙器とダンボールの違いとは

ダンボールのもとである「ボール紙」を箱状に加工しているのが「紙器」です。

19~20世紀ごろから普及し始め、さまざまな色やデザインがあります。

ダンボールはシルクハットの内側に入れるクッション材として生まれたものです。

その後クッション材として使われるようになり、現在は木箱の代用として広く普及しています。

紙器とは文字の通り「紙で作る容器」という意味です。

そのためダンボールも広い意味で考えると紙器の1つです。


▼紙器の用途はさまざま

ギフト用・食品用・配送用など、紙器の用途にはさまざまなものがあります。

アイデア次第で、紙器の用途はさらに大きく広げることができるでしょう。


▼まとめ

「ダンボール」とはボール紙と呼ばれる板紙を箱状に加工しているものを指します。

「紙器」とは紙で作る容器という意味なので、広義的な意味でいえば、ダンボールも紙器の1つなのです。

そのような紙器やダンボールなどの注文を、長野県安曇野市の「有限会社サンエバー」では承っております。

オーダー加工・防水加工・ギフト用加工などお客様の用途に応じた対応が可能ですので、ぜひ弊社までお申し付けください。


NEW

  • 松川村でりんご外箱と贈答用箱を提供しています

    query_builder 2021/10/14
  • 地獄底という言葉の由来とは?

    query_builder 2022/11/03
  • 地獄底とは

    query_builder 2022/10/01
  • 紙器の製造工程とは?

    query_builder 2022/09/15
  • 紙器の種類とメリットについて

    query_builder 2022/09/01

CATEGORY

ARCHIVE